双極性障害は主に投薬治療が行われるが心理療法も大切

心理療法について

考え事をしている様子

気分障害の治療には心理療法が有効的だとされていますが、双極性障害の場合は投薬治療の方がメインで行われます。しかし心理療法がまったく行われないかというとそうではなく、完治への道をサポートするため、心理療法は行われます。双極性障害の治療の場合は、直接的なカウンセリングに効果があるわけではないので、どちらかというと病気のことをきちんと知ることが大切なこととなります。これを疾患学習といいます。双極性障害という病気がどのような症状を引き起こすのか、あるいは薬にはどんな効用があってどんな副作用があるのか、ということを知るのが基本です。こういった学習はどの病気においても大切ですが、双極性障害の治療においてはさらに大切です。そして、双極性障害は再発しやすい疾患ですので、どういう状態ならば再発しているといえるのか、というのをきちんと学習し、本人が自分で気付けるようにします。一度発症してしまうとなかなか本人は気付けないのが双極性障害(とくに躁状態)ですので、その兆候に気付けると症状が軽微なもので済み、治療もより効果的に行うことができます。さらに、周りの人の理解を得ることも大切です。基本的には家族のことですが、家族も双極性障害という疾患のことについて知り、患者の病状が再発したときにすぐさま気付けるような状態を作っておくことが何より大切です。本人には気づきにくいという特徴ですので、職場の人にも理解しておいてもらうのがいいでしょう。これは治療のためでだけではなく予防にも有効的なのですが、規則正しい生活習慣は双極性障害のきっかけとなるストレスを軽減させる効果があります。不規則な生活は双極性障害以外にも様々な疾患を誘発しますので、早寝早起きや定期的な運動、バランスのとれた食生活を心がけましょう。また、結婚や引っ越し、昇進など一見なんでもないような環境の変化もきっかけとなりうるので、その際のメンタルケアの方法も習得しておく必要があります。