双極性障害は主に投薬治療が行われるが心理療法も大切

投薬

目線を上に上げている女性

リチウム

双極性障害の治療には投薬治療が主に行われますが、その中でも代表的な薬は「リチウム」です。リチウムには、躁状態と鬱状態の両方を抑制する働きがあり、双極性障害の治療に有効だといわれています。また、躁状態と鬱状態の予防にも効果を発揮し、自殺したくなる気持ちにも歯止めをかけることができるので、多くはこの薬によって治療を行います。双極性障害は躁状態と鬱状態が切り替わりますので、気持ちの落差が激しく、気分が極端に落ち込んで自殺してしまうケースが多い疾患なのです。リチウムを服用する際には、副作用に気を付けなければなりません。食欲減退、喉が乾く、尿が多く出る、手が震えるなどの副作用が考えられますので、これらの説明を医師からしっかり聞いて理解し、付き合っていくことが必要となります。また、リチウムは血中濃度に気を付けなければならず、服用しながら常に測定する必要があります。血中濃度が高くなると、ふらふらと足元がおぼつかなくなったり、意識が上手く保てなくなったり、甲状腺機能が低下したりといった強い副作用が現れます。甲状腺機能に関しては、甲状腺ホルモン剤の併用で改善することが可能です。

その他の薬

リチウムの他に日本で使用できる薬は、バルプロ酸、カルバマゼピンがあります。医師の判断により、リチウムではなくこれらが使われるケースもあります。また、日本では認可されていないが有効だとされている薬もあります。ラモトリギンは、日本では難治性のてんかんの治療のために使われる気分安定薬ですが、双極性障害にも効果があります。クエチアピン、アリピプラゾール、オランザピンは日本では統合失調症に使われる薬ですが、これも双極性障害に効果があるといわれています。

抗鬱剤は注意

逆に双極性障害の治療に悪影響があるとされているのは、意外にも抗鬱剤です。抗鬱剤は「鬱状態」には効きますが、「躁状態」には効きませんので、双極性障害の治療としては効果が薄い上に、かえって躁状態が強調されてしまう危険性があります。これをアクティベーションシンドロームといい、もし鬱病と診断されて抗鬱剤を飲んでいるのに病状が悪化したら、双極性障害が疑われますので、医師にきちんと報告するようにしましょう。

双極性障害の治療について

双極性障害の治療は主に薬を服用することで行われます。人によってその薬の種類は異なってくるので一概に言うことはできませんが、ほとんどの場合は体に現れる症状に対する薬と、脳内の情報伝達物質の調整に効果のある薬が処方されます。というのも、うつ状態の時などに現れる症状の軽減はもちろん大切になってきます。そして、何よりその異常な症状を引き起こしている脳内物質の異常を抑えることも並行していくことが大切になってくるのです。処方された薬をうまく服用していくことで双極性障害の症状はかなり軽減することができます。比較的軽い症状であれば、そのまま治療を受けながら日常生活を送ることも可能なため、治療を開始するならできるだけ症状が悪化する前、軽度の時におすすめします。

受診のポイントとその注意点について

双極性障害の人がその症状に気づき、受診のきっかけとなるのがうつ状態の時の症状です。やはり軽度の双極性障害の場合、躁状態の時の症状は本人も気づきにくいものばかりなのです。本人はいたって健康体で、何となく最近調子がいいなと感じている程度の躁状態というものもあるので、その見極めは非常に難しくなってくるのです。 中には躁状態があったのを気付かずにうつ状態で受診し、うつ病の治療を受けてしまう人もいます。これは非常に危険なケースで、双極性障害とうつ病はそもそも治療法の違うので、場合によっては躁鬱の症状を悪化させてしまうこともあるのです。 もちろん、しっかりとしたカウンセリングや診察を行っている病院であれば正確な治療を受けることができるのですが、まずは自分がうつ病なのかそれとも双極性障害なのか、その判断がこれからの治療のため、非常に重要になってくるのです。