双極性障害は主に投薬治療が行われるが心理療法も大切

ピックアップ

  • どんな治療があるか

    カメラ目線の女性

    双極性障害の詳細な原因は分かっていませんが、脳の疾患であることは大方の合意であり、身体の病気です。そのため治療には投薬が主に行われ、また、心理療法も行われます。

  • 投薬

    目線を上に上げている女性

    双極性障害の治療には、主にリチウムが使われます。ただリチウムは副作用がありますので、服用には注意が必要です。その他にも効果的とされる薬はありますが、抗鬱剤は逆効果なので注意しましょう。

  • 心理療法について

    考え事をしている様子

    双極性障害の治療のためには、投薬治療の他にも心理療法が大切です。本人や家族が病気のことを知り、再発のタイミングを見逃さないようにすれば、完治につなげることができます。

注目記事

  • 注意点

    双極性障害は年単位の長期的な疾患だということを知りましょう。再発の恐れも多い疾患ですので、治療を勝手にやめず、根気強く病気と付き合っていきましょう。そうすることで、普通の生活を送ることが可能です。

概要

人差し指を立てる看護師

双極性障害の症状とそのチェック方法

精神疾患のうち、気分障害に分類されるもののひとつに、「双極性障害」というものがあります。昔は「躁鬱病」と呼ばれていたもので、今でも躁鬱病といって通じますが、双極性障害というのが正式名称となっています。双極性障害というのは、「躁状態」と「鬱状態」を交互に繰り返してしまう病気のことで、鬱病とは区別されます。躁状態のときは自分がなんでもできる人間に思え、気分がやたらとハイになり、休みなく動き回れるが周りへの迷惑に気付くことができなくなります。鬱状態のときはとにかく鬱屈とした気分が続いたり、あらゆる物事に対する興味が失われたり何をしても楽しいと感じなくなったりします。双極性障害はかなり長期スパンの疾患で、また再発しやすい疾患でもあるため、しっかりした治療が必要となります。双極性障害で行われる治療は、基本的には投薬治療です。リチウムなど、双極性障害に効果的だといわれている薬を長期間飲み続け、安定を得ることで、双極性障害を克服することができます。双極性障害で気をつけたいのは、この病気だとなかなか気づきにくいことです。というのも、躁状態のとき、患者自身は「とても調子がいい」と感じているだけであり、自覚症状を覚えることはほとんどありません。そして鬱状態に突入したとき、「これはおかしい」と感じて病院を受診しますが、たいていは鬱病だと思って受診しますし、医師に説明するときも躁状態時の症状を「症状」だと認識していないので上手く伝えることができず、結果鬱病だと診断されてしまうケースもあります。また、周りから見ると躁状態のときは明らかに異常な迷惑を振りまいているのですが、双極性障害という病気を知らなければそれは「その人の人間性だ」と捉えてしまい、病気だと気付けないことが多くあります。周りから気付いてあげて、精神科へ連れていってあげるのが双極性障害の早期治療へと繋がりますので、この病気への理解がより深まることが重要です。

具体的な治療方法について

双極性障害とは所謂気分障害とも呼ばれており、うつの状態と躁の状態、両極な症状が定期的に現れるのが特徴です。基本的に、この双極性障害は躁状態の時の症状でその進行の程度をチェックすることができます。 というのも、躁状態と言ってもその程度はいろいろあって、比較的軽いものであればいつもよりもテンションが高い、睡眠が短くても元気、やる気がどんどん出て調子が良いといった状態になります。この時点では本人はもちろんですが、周りもその異変に気づくことはありません。ただ、症状が悪化していくとその躁状態もさらに強いものとなります。例えば、一日にほんの少ししか眠らない、それ以外は不用意に動き回る、話し続ける、周りが見えなくなるほどやる気を出すと言ったように、周りに迷惑がかかるほどの状態になっていくのです。 ここまで来ると生活にも支障がでてくるため出来ることなら、軽い躁状態の段階で治療を始められればベストだと言えます。

双極性障害の具体的な治療内容としては薬物療法が主に行われます。薬物療法と聞くと不安に感じる人もいるかもしれませんが、ごくごく軽度の双極性障害であればそこまで強力な薬を使うこともありませんし、副作用も比較的少なくて済みます。 双極性障害の治療は症状が出なくなった後でも再発予防のために治療を続けなければいけないケースがあります。もちろん、それをしないと再発のリスクが高まりますし、時には以前よりもひどい状態の躁状態、うつ状態を発症する可能性もあるため、医師が判断するまでは薬の服用は続けなければいけません。 ただ、逆に言えば医師が処方した薬をしっかり服用して治療計画が順調に進んでさえいれば日常生活に支障を来すことなく生活していくことができるのです。